top of page
  • 門屋眼科

学校での視力検査と、初めてのメガネ

新学期が始まりました。


視力検査でA判定でなかった場合、お子さんが用紙を持って帰られます。


ご両親からの質問で、最も多いのが、こちら。


「本人は不自由ないと言ってメガネをかけたがりません」


裸眼視力が徐々に下がる「近視」は、お子様本人には自覚がありません。


黒板がかなり見えにくくなってやっと気づくような時は、


近視がかなり進んだ時でしょう。(0.3~0.4くらい)


自宅で視力のよい家族の人と、カレンダーなどを読み比べてくるのも

効果的です。


眼科医の指導の下、適切な時期に装用を開始しましょう。


「見える」様になることで得られるものは、想像以上に多いのです。


黒板を見るときの、目を細めた「しかめっ面」がなくなるでしょう。


自転車に乗る時も、安全な運転が可能になるでしょう。


遠くのお友達にも気付きやすくなり、服装や背格好で判断する必要がなくなります。



今は、おしゃれで、軽く、壊れにくいメガネフレームが増えていますし、


小学校高学年になるとクラスの1/3がメガネをかけている時代です。


ご両親が幼かった頃より、お子さんたちのメガネへのハードルは低くなっているのです。


まずはご両親から、メガネって悪くないね、いいもんだね、と思っていただき、プラスのイメージをお子さんに波及させてもらえたら、メガネへの移行はとてもスムーズになります。


「見える」って、いいものですよ。








bottom of page